본문 바로가기

先端電子部品から機械部品まで生産する総合部品メーカー、サムスン電機

設立年度

1973年

本社

京畿道水原市

売上

8兆1,930億ウォン

資産

8兆6,449億ウォン

拠点現況

生産拠点5カ国 9Sites

販売拠点8カ国 16Sites

*2018年連結ベース - 売上·資産

1973年に設立されたサムスン電機は、韓国のみならず世界的に中核電子部品を開発・生産する企業として発展してきました。 サムスン電機(三星電機、Samsung Electro-Mechanics)の「でんき」は漢字で電気の「電」と機械の「機」が使われ、英語名ではElectro(電気)とMechanics(機械)で表します。

設立当時はAudio/Video部品の生産を足がかりとし、韓国部品産業が技術的に自立する土台を築いたサムスン電機は、80年代に素材およびコンピュータ部品にまで事業領域を多角化し、90年代にはチップ部品、移動通信部品、光部品など、次世代有望製品の開発に力を注ぎました。

2000年代に入ってからは素材、無線高周波、電源装置/精密機械などの中核技術をもとに、戦略技術の高度発展と事業のシナジー創出を図っており、これを中心に基板、チップ部品、カメラモジュール、通信モジュールなどの事業を世界一流とするために集中的に育成しています。
また、中核製品の一流化と技術の融複合によって継続的に新製品の開発を進め、事業ポートフォリオを拡大していくとともに、 次世代成長事業を早期に育成し、電子部品業界トップ企業への躍進を目指します。

  1. Mission

     

    人材と技術を基盤に最高の製品と
    サービスを創出し人類社会に貢献する。

  2. Vision

     

    世界最高の部品メーカ

  3. Strategy