본문 바로가기

Wireless Power Transfer

電磁波、磁気誘導、または自己共振の形態で電気エネルギーを無線で伝達する未来の有望技術です。無線電力伝送技術によりWPCやAirFuel Allianceの標準規格に対応するワイヤレス充電製品を開発しています。

  • Wireless Power Transfer 제품 01
  • Wireless Power Transfer 제품 02
  • Wireless Power Transfer 제품 03
  • Wireless Power Transfer 제품 04
  • Wireless Power Transfer 제품 05
  • Wireless Power Transfer 제품 06

General Features

  • Compliant with WPC and Air Fuel Alliances
  • Power Transmitters for various application
  • Slim and Small Receiver
  • Customized Receiver and Transmitter

Application

  • スマートフォン
  • Wearable device
  • Mobile Accessory
  • タブレットPC
  • Automotive

Why Samsung

製品(技術)の特長

商用製品に適用される無線充電技術は、磁気誘導方式と自己共振方式があります。

磁気誘導(Inductive coupling)方式は、1、2次コイル間の電磁誘導現象を利用し、電力を転送することで、WPC(Wireless Power consortium)とPMA(Power Matters Alliance)を中心に標準化制定が行われています。

特性

  • Compliant with Qi and PMA
  • Slim and Small Receiver
  • Customized Receiver and Transmitter

磁気共鳴(Magnetic resonance)方式は、同じ共振周波数を持つ送信・受信側二つのcoilの間で起こる共鳴現象を利用して電力を送受信する方法です。2015年6月にA4WPとPMAが合併してAirFuel Allianceに統合され、現在は磁気共鳴方式と磁気誘導方式の相互運用に向けて努力中です。サムスン電機は2014年1月に世界で初めてRezence認証を取得しました。

特性

  • Compliant with Rezence
  • Multi device charging
  • Free Positioning
  • Slim and Small Receiver
  • Customized Receiver and Transmitter

磁気誘導方式と磁気共鳴方式の特徴です。

区分 磁気誘導方式 磁気共鳴方式
周波数 電力伝送
(充電)
100~205kHz (WPC)
232 ~ 278kHz, 205 ~ 300kHz (PMA)
6.78MHz ± 15kHz (A4WP)
電力制御
(通信)
In-band (Packet 方式) Out-band (BLE 2.4GHz)
原理

一次・二次コイル間の電磁誘導現象を利用

共振周波数を利用

標準協会
現況 WPC・PMA製品を商用化 標準規格の策定・商用化を準備中
PMAとA4WPが合併(2015年6月)

ワイヤレス充電に関する二大標準化団体(WPC、AirFuel Alliance)の両方に加盟して標準規格の策定に積極的に参画しており、特にWPCとAirFuel Allianceの理事会メンバーとして技術開発をリードしています。

+ WPC regular member and product compliance

- One of 24 regular members
- WPC (Wireless Power Consortium) compliance
- Interoperability & compatibility with WPC standard
- Strategic partner with core component company as WPC member

+ Air Fuel Alliance sponsor member and product compliance

- One of 17 sponsor members
- Key board member for leading technology
- Strategic partner with customers and members
- World first certification award (Jan. 2014)

Line-Up

製品シリーズ\

磁気誘導(WPC)方式

Tx/Rx Type
TX 5W Single coil
5W Single coil
5W Dual coil
5W Dual coil
9W Standard
9W Standard
RX Resonator+Circuit
Resonator+Circuit
Resonator(WPC+NFC)
Resonator(WPC+NFC)
Resonator(WPC+NFC+MST)
Resonator(WPC+NFC+MST)

A4WP方式

Application PTU PRU
Smart Phone
Wearable

Certificate

安全/環境認証

すべての製品は国ごとに要求される安全・環境関連の規制に対応するだけではなく、独自の環境安全方針に基づき、製品生産の全プロセスにわたって厳格な基準を守っています。以下は電源ユニットに適用された代表的な認証基準です。

UL(Underwriters Laboratory)

米国とカナダで要求される安全規格の適合品に付けられるのがULマークで、 消費用品の安定性を確保して消費者を保護するために運営される認証制度です。

CCC(中国強制認証)

CCCは中国が2003年8月から施行している品質安全関連の認証制度です。 2003年8月1日付で効力が発生したCPCSシステムは、中国に輸入されるCPCSシステムの範囲に含まれる全製品についてCCCマークの取得を義務づけています。(ul.com)

CE(欧州連合共通安全マーク)

欧州連合(EU)の域内で流通する製品に貼付を義務づけられている安全マークです。
CEマークは国ごとの安全規則を統一し、安全性の保証された製品を円滑に 流通させる目的で使用されています。

CB(電子製品試験認証書相互認定)

CB Schemeは電気/電子製品に関する試験および認証レポートを認め合う最初の国際システムです。CB Scheme制度はオフィスや家庭で使われる16種類の電気/電子 製品群についてIEC規格を適用できます。(ul.com)

KC(国家統合認証マーク)

KCは既存の法定強制認証マーク13種類が一つに統合され、「製品の安全」を目的に認証手続きを効率化し、信頼度を改善したマークです。
詳しくは、www.standard.go.krをご参照ください。

80PLUS

80 Plusはコンピュータ用電源ユニット(PSU)のエネルギー効率に関する認証規格で、 サムスン電機は効率が80%以上のPSUについて等級別に認証を取得しました。

BSMI(台湾標準検験局)

台湾の経済部標準検験局(BSMI :Bureau of Standards, Metrology and Inspection)が管理する 製品審査法は、台湾に輸入されるほとんどの電気/電子製品を規制しています。
製品は安全およびEMCの要求事項によって規制され、適用される要求事項を満たした製品は、BSMI マークを使用できる権限を与えられます。