본문 바로가기
持続可能な経営体制

世界をリードするWorld Top部品専門企業を目指して絶えず挑戦しています。ローバルな市場環境において持続可能な経営はグローバルビジネスの必須要素として様々なリスク要因の管理に効果的であり、継続的な価値創出に役立ちます。 このような認識をもとに、サムスン電機は企業の内部戦略と連携した効果的なシステムの構築により、企業継続性を強化しています。

ビジョン/戦略

持続可能性のビジョン

先端技術業界をリードする創造的な革新企業に躍進すべく、お客様や株主様を含めた様々なステークホルダーとの信頼関係をもとに、持続可能な経営を実践しています。急変するグローバルトレンドに体系的に対応して様々なステークホルダーのニーズを満たす一方、企業価値の最大化によって持続可能な成長を遂げ、企業の社会的責任を果たしてまいります。そのためにグリーン経営、株主重視、品質経営、人材育成、 分かち合い経営、共生経営の六大中核領域を設定しました。これを基盤として経済的な収益性向上を図り、環境との調和を追求するとともに社会的問題の解決に貢献します。

持続可能な経営戦略

組織

持続可能な経営TF

強力なコラボレーション体制により環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字をとったESGという経営課題に取り組むため、持続可能な経営TF(タスクフォース)を運営しています。持続可能な経営TFは、ESG評価機関の質疑対応、持続可能性報告書の発行、顧客会社の持続可能な経営に関する質疑への対応などにおいて、有機的なコラボレーション体制によりシナジー効果を生み出します。 持続可能な経営の主管部署は、グローバルなESG動向をモニタリングして 「Sustainability Newsletter」を毎月発行し、持続可能な経営TFに配布しています。

これによって持続可能な経営関連のグローバル・産業別トレンドや戦略的な方向性を把握し、最新動向に対応しています。経営支援チーム、財経チーム、人事チーム、安全環境チーム、購買物流チームなどを中心に社内外ステークホルダーのニーズに対応し、持続可能な発展を牽引しています。

ステークホルダーの参加

様々なステークホルダーとの開かれたコミュニケーションを大切にしています。透明な企業経営活動と信頼関係に根ざした活 発な交流によって集められた意見は、積極的に検討して持続可能な経営の分野別方針に反映させ、内外の媒体を活用して情報を公 開しています。

重大性分析

主要イシューの導出プロセス

分野別イシュートップ3

プロダクト・スチュワードシップ
有害物質の管理によって製品の環境性を高めるべく、法令をモニタリングして電算システムを運営します。
環境関連施設への投資
水質、大気、廃棄物などに関わる施設について体系的かつ積極的な投資を続け、環境改善に貢献します。
温室効果ガス排出源ごとの中長期削減目標を中心に、気候変動のリスクと機会に対応します。
安全な事業所づくり
社員と地域社会の安全を経営活動における最優先事項として認識し、事故の予防に努めます。
労使関係の増進
労使の相互尊重と理解の下、創造的な組織文化を創ることによって持続的成長の足がかりを築きます。
継続的な事業所の点検と教育によって個人の人格尊重を保障し、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて努力します。
経営実績
IT環境の急速な変化に対応して将来に備えるために新製品を継続的に開発し、製品ラインナップを多様化します。
ビジネスリスク
世界で運営している事業所とサプライチェーンを対象に、財務的・非財務的リスクを減らせるよう継続的に努力します。
現地法の遵守はもちろん、不正腐敗の予防・遮断活動によってクリーンな組織文化を社内外で実現します。

リスク管理

内部会計管理

会計情報の透明性向上と外部ステークホルダーへの信頼性の高い情報の提供を目的に、内部会計管理制度を実施しています。狭義の内部会計管理であるFinancial reporting(財務報告)のみならず、グローバルレベルの運営、コンプライアンスを含めた広義の内部会計管理を行っています。持続可能な経営関連の取り組みとしては、環境関連法令の遵守、有害物質管理、環境性評価などがあり、ビジネスに影響を及ぼし得る潜在的なリスクにも対応しています。

事業継続管理

生産活動の継続確保によりお客様に対する製品とサービスの安定的な提供を保障し、持続可能な成長に貢献します。不測の事故による事業の中断を防ぐため、事業継続管理(Business Continuity Management)体制を整えました。

また、事業継続を確保するために火災や停電などの主な事故タイプ別に危機対応シナリオを策定しました。対応手順の理解と能力向上のために定期的な訓練と教育を実施するとともに、お客様、協力会社、地域社会などのステークホルダーとのコミュニケーションを維持しています。

気候変動

気候戦略委員会の運営によって排出権取引制対応関連の意思決定プロセスを構築し、排出権の売買による財務的な影響を定期的にモニタリングしています。このほか、外部専門機関から年1回事業所ごとに安全診断を受け、異常気象により自然災害が発生した場合に事業所の建築物、設備、機械類などの資産に影響を及ぼし得る広範囲なリスクの評価と管理を行い、安定した事業活動が継続できるように万全を期しています。

情報保護

会社の重要な情報と資産を保護するために情報セキュリティ規程および施行指針を制定し、これを遵守できるように物理的・技術的な保護措置を講じて定期的な点検と改善活動を行い、事業所の最適なセキュリティを維持しています。また、外部関連機関とも緊密な協力体制を築いて産業セキュリティの動向を把握するとともに情報流出のシナリオを想定・分析し、セキュリティ事故を未然に予防する取り組みを行っています。

納税リスク

税務管理運営指針に明示されているように、各国の税法を遵守して税務申告と納付の義務を履行しています。そのために現地法人の属する国の課税当局と透明な関係を維持する一方、現地法人の内部人材に関する経歴管理を行い、会計士などの外部専門家を積極的に活用しています。

納税運営指針

原則 : 本社および現地事業遂行国の税法を遵守する

  • 1.すべての法律および規定は、本社および現地国の会計基準および税法を最優先する。
  • 2.国ごとの税法の相違点を認識して誠実に税務申告および納税の義務を履行する。
  • 3.現地法人の税務担当者は、各国の課税当局と透明な関係を維持し、税務上のリスク防止に努める。
  • 4.海外法人の現地国関連税法遵守と税務リスク予防のため、内部人材の管理と外部専門家の活用を最大化しなければならない。