본문 바로가기

李润泰(イ·ユンテ/Yun Tae Lee)

2014年 サムスン電機代表取締役社長就任 (12月)
2012年 サムスンディスプレイLCD開発室長 (副社長)
2011年 サムスン電子DS総括LCD開発室長 (副社長)
2001年 サムスン電子役員に選出 (研究役員)

1994年 KAIST電気・電子工学博士課程修了
1985年 KAIST電気・電子工学修士課程修了
1983年 ソウル大学電気工学学士課程修了

期待以上の価値を顧客とともに

こんにちは。

サムスン電機は素材、多層薄膜成形、回路技術をもとにして
MLCCなどの受動部品、印刷回路基板とモジュール分野で世界一を目指す総合部品メーカーです。

サムスン電機は素材、多層薄膜成形、高周波回路設計の三大技術を基盤として 受動部品、
基板、モジュール事業を高度化させ続け、韓国電子産業の発展をリードしてまいりました。

さらに、サムスン電機は差別化された融合・複合技術と革新工法で、
次世代パッケージやモジュール事業など現在のビジネスを発展させ、 自動車部品、
IoT のように未来をリードしていくビジネスも持続的に発掘、育成してまいります。

Creative Solution Provider!

今日よりも大きな明日に向け、
サムスン電機はみんなにとってもっとスマートな 世の中をつくります。

ありがとうございます。