본문 바로가기

利用規約

サムスン電機代表サイトの利用約款

第 1条 (目的)

本約款はサムスン電機株式会社(以下「サムスン電機」と言います)が運営するサムスン電機代表サイト(www.samsungsem.com)から提供するインターネット関連サービス(以下「サービス」と言います)の利用におけるサムスン電機と利用者の権利、義務及び責任事項の規定を目的とします。

Back to top ▲

第2条 (定義)

  • 1. [サムスン電機代表サイト(www.samsungsem.com)]とは、[サムスン電機]が製造・販売する製品情報と企業情報を利用者に提供するためにパソコンなど情報通信装置を利用して構成する仮想の空間を意味し、サムスン電機が提供するサービスそのものを意味することもあります。
  • 2. [利用者]とは [サムスン電機代表サイト]にアクセスし、本約款に従って[サムスン電機代表サイト]のサービスを利用する者を通称します。
  • 3. [会員]とは、[利用者]のうち[サムスン電機代表サイト]が求めるユーザー関連情報を提供し、利用者として登録した者で、[サムスン電機代表サイト]が利用者登録を完了した利用者にのみ提供する情報を継続的に提供してもらいます。
  • 4. [休眠会員]とは、[サムスン電機代表サイト]のサービスに最後にログインしてから12ヶ月連続でログイン記録がない会員を言います。

Back to top ▲

第3条 (約款などの明記と説明及び改定)

  • 1. [サムスン電機代表サイト]は本約款の内容と商号及び代表者の姓名、営業所所在地の住所(利用者の不満を処理する場所の住所を含む)、個人情報取扱方針などを利用者が把握できるように[サムスン電機代表サイト]の初期サービス画面に掲示します。ただし、約款の内容は利用者が連携画面から見られるようにすることができます。
  • 2. [サムスン電機代表サイト]は消費者保護に関する法律、約款の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律などの関連法令に違反しない範囲内で本約款を改訂することができます。
  • 3. [サムスン電機代表サイト]が本約款を改訂する場合は適用日及びその改定事由を明記し、従来の約款とともに初期画面で適用日の7日前から適用日の前日までお知らせします。ただし、利用者に対して不利な方向に約款の内容を変更する場合は最低30日以上の事前猶予期間を置いて知らせます。この場合、[サムスン電機代表サイト]は改定前の内容と改定後の内容を明確に比較して利用者が理解しやすく表示します。
  • 4. [サムスン電機代表サイト]が前項の内容に基づいて改定約款をお知らせまたは通知するとき、会員に対してお知らせ期間中に意思表示がなければ意志を表明したものとみなすとのことを明確にお知らせまたは通知したのにも関わらず、利用者が明示的に拒否の意思を表明しなかった場合は利用者が改定約款に同意したものとみなします。
  • 5. 利用者が改定約款の適用に同意しない場合は、サムスン電機は改定約款の内容を適用することができず、この場合利用者は[サムスン電機代表サイト]が提供するサービスの利用が制限されることがあります。
  • 6. 本約款で定めていない内容と本約款の解釈に関しては、電子商取引などにおいての消費者保護に関する法律、約款の規制などに関する法律、公正取引委員会から定める電子商取引などにおける消費者保護指針及び関係法令または商慣習に従います。

Back to top ▲

第4条 (サービスの提供及び変更)

  • 1. [サムスン電機代表サイト]は以下の業務を遂行します。
    • ① サムスン電機が製造・販売する製品情報の提供
    • ② その他[サムスン電機代表サイト]が定めた業務
  • 2. [サムスン電機代表サイト]は製造製品の製造中止または技術仕様の変更などがあった場合、提供する情報を変更することができます。
  • 3. [サムスン電機代表サイト]は会員がサービスを利用する際に必要だと認められるあらゆる情報に対して電子メールや郵便などの方法で会員に提供することができ、会員がそれを望まない場合は加入申込メニューと会員情報修正メニューから情報の受信を拒否することができます。ただし、サービスの終了、中止、その他サービス内容の重大変更などの事由があるときは会員が受信拒否意志を表明してもその内容を提供することができます。

Back to top ▲

第5条 (サービス中止)

  • 1. [サムスン電機代表サイト]はパソコンなどの情報通信装置のメンテナンス、交換及び故障、通信途絶などの事由が発生した場合、サービスの提供を一時中止することがあります。
  • 2. [サムスン電機代表サイト]は、第1項の事由によりサービスの提供が一時中止されることから利用者または第3者が受けた損害に対しては賠償をしません。ただし、[サムスン電機代表サイト]に故意または過失があることを裏付ける場合はその限りでありません。
  • 3. 事業種目の切替、事業の放棄、業者間の統合などによりサービスを提供できなくなった場合は、[サムスン電機代表サイト]は第8条に定めた方法により利用者に通知することができます。
  • Back to top ▲

    第6条 (会員加入)

    • 1. [サムスン電機代表サイト]が定めた加入様式に合わせて会員情報を記入した後、本約款に同意するとの意思表明をすることで会員加入を申し込みます。
    • 2. [サムスン電機代表サイト]は以下の各号に該当する場合、会員加入申込に対する承諾を制限することができ、その事由が解消するまで承諾を保留することができます
      • ① 会社のサービス関連設備に余裕がない場合
      • ② 会社に技術上の支障が生じた場合
      • ③ その他会社の都合上、必要だと認められる場合
    • 3. [サムスン電機代表サイト]は以下の各号に該当する場合、利用申込に対する承諾をしないことがあります。
      • ① 実名でないか他人の名義を利用して申し込んだ場合
      • ② 利用契約申込書の内容を虚偽に記載した場合
      • ③ 社会の安定や秩序、公序良俗を阻害する目的で申し込んだ場合
      • ④ 不正な用途で本サービスを利用しようとする場合
      • ⑤ 営利を求める目的で本サービスを利用しようとする場合
      • ⑥ 加入申込者が以前、本約款の第7条第3項に基づいて会員資格を失ったことがある場合。ただし、会員資格喪失から3年が経過した者で、[サムスン電機代表サイト]の会員再加入の承諾を得た場合は例外とします。
      • ⑦ その他会社が定めた登録申込の条件が不十分な場合
      • ⑧ 本サービスと競争関係にある利用者が申し込んだ場合
      • ⑨ その他規定の諸内容を違反して申し込んだ場合
    • 4. 会員加入が完了する時期は[サムスン電機代表サイト]の認証電子メールが利用者に届き、利用者が[サムスン電機代表サイト]が案内する認証手続を完了する時点とします。
    • 5. 会員は会員加入申込の際に提供した登録事項に変更があった場合は、直ちに電子メール及びその他の方法により[サムスン電機代表サイト]に対してその変更事項を知らせなければなりません。

    Back to top ▲

    第7条 (会員脱退及び資格喪失など)

    • 1. 会員は[サムスン電機代表サイト]に対していつでも会員脱退の要請をすることができ、[サムスン電機代表サイト]は会員脱退の要請を受けたら直ちに会員脱退を処理をします。そして、会員脱退から3ヶ月間は同じ電子メールでの会員加入はできません。
    • 2. 会員が以下の各号の事由に該当する場合、[サムスン電機代表サイト]は会員資格を制限または停止させることができます。
      • ① 加入申込の際に虚偽の内容を登録した場合
      • ② 他人の[サムスン電機代表サイト]利用を妨害したりその情報を盗用するなど、インターネットサービス利用の秩序において脅威になる場合
      • ③ [サムスン電機代表サイト]で法令や本約款が禁止したり公序良俗に反する行為をした場合
      • ④ 第6条第2項と第3項で定めた内容に該当する場合
      • 3. [サムスン電機代表サイト]が会員資格を制限・停止させた後も前項各号による事由が発生し、[サムスン電機代表サイト]から一定期間を置いて是正要請を受けたのにも関わらず、期間内に是正されなかった場合は[サムスン電機代表サイト]は会員の資格を喪失させることができます。
      • 4. [サムスン電機代表サイト]が会員資格を喪失させる場合は会員登録を抹消します。この場合は会員にそれを通知し、会員登録が抹消される前に釈明の機会を与えます。
      • 5. 本条の内容により[サムスン電機代表サイト]の脱退または会員資格の喪失が発生する場合、会員の個人情報は法律上保存の義務がある項目を除いて遅滞なく破棄・削除されます。
      • 6. [サムスン電機代表サイト]は[休眠会員]に対して会員資格喪失に関する案内を会員が会員加入の際に登録した電子メールで通知し、案内から定めた期限までに返事がなかった場合は会員資格を喪失させることができます。この場合、会員の個人情報及びサービス利用情報は法律上保存の義務がある項目を除いて遅滞なく破棄・削除されます。

      Back to top ▲

      第8条 (会員に対する通知)

      • 1. [サムスン電機代表サイト]が会員に対して通知をする場合、会員が[サムスン電機代表サイト]と事前に約定して指定した電子メールのアドレスに送付することができます。
      • 2. [サムスン電機代表サイト]は不特定多数の会員に対する通知の場合、1週間以上[サムスン電機代表サイト]の掲示板に掲示することで個別通知に代えることができます。ただし、会員本人の取引に重大な影響を与える内容は個別に通知します。

      Back to top ▲

      第9条 (見積及びサンプル要請)

      [サムスン電機代表サイト]の利用者は見積及びサンプルを要請するとき、以下の各内容を分かりやすく提供しなければなりません。

      • 1. 製品などの照会及び選択
      • 2. 姓名、住所、電話番号、電子メールアドレス(または携帯電話番号)などの入力
      • 3. 見積及びサンプルを提供するとき、サムスン電機が必要だと認められるその他の情報
      • Back to top ▲

        第10条 (個人情報保護)

        • 1. [サムスン電機代表サイト]は会員加入、コミュニティー及びあらゆるサービスを提供する目的で利用者の個人情報を収集し、目的の遂行に必要な最低の情報を収集しそれを処理(加工、保存、管理など)することができます。
        • 2. [サムスン電機代表サイト]は「サムスン電機の個人情報取扱方針」の別添2に記述されている個人情報を収集しております。
        • 3. [サムスン電機代表サイト]が利用者の個人識別が可能な個人情報を収集する際には必ず当該利用者の同意を求めます。
        • 4. 提供された個人情報は当該利用者の同意なしで目的以外の利用や第3者へ提供することができず、それに対する全ての責任は[サムスン電機代表サイト]が負います。ただし、以下の場合は例外とします。
          • ① 配送業務上、配送業者が配送に必要とする必要最低限の利用者情報(姓名、住所、電話番号)を教える場合
          • ② 統計作成、学術研究または市場調査に必要な場合で、個人を特定することができない形で提供する場合
          • ③ 財貨などの取引による代金精算に必要な場合
          • ④ 盗用防止のための本人確認に必要な場合
          • ⑤ 法律の規定または法律に基づいた止むを得ない事由がある場合
        • 5. [サムスン電機代表サイト]が第3項と第4項に基づいて利用者の同意を得る必要がある場合は、個人情報管理責任者の身元(所属、姓名及び電話番号その他の連絡先)、情報の収集及び利用目的、第3者に対する情報提供関連の内容(提供される者、提供の目的及び提供する情報の内容)など情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律第22条第2項で規定する内容を事前に明示または告知する必要があり、利用者はいつでもその同意を撤回することができます。
        • 6. 利用者はいつでも[サムスン電機代表サイト]が持っている自分の個人情報に対する閲覧及び訂正を要求することができ、[サムスン電機代表サイト]はそれに対して遅滞なく必要な措置を取る義務があります。利用者が間違いの訂正を要求した場合、[サムスン電機代表サイト]はその間違いを訂正するまで当該個人条項を利用しません。
        • 7. [サムスン電機代表サイト]は個人情報を保護するために管理者を限定してその数を最低限に抑え、利用者の個人情報の紛失、盗難、流出、変造などによる利用者の損害に対して関連法令が定める範囲内で責任を負います。
        • 8. [サムスン電機代表サイト]または[サムスン電機代表サイト]から個人情報を提供してもらった第3者は、個人情報の収集目的または提供の目的を達成した際には当該個人情報を遅滞なく破棄します。
        • Back to top ▲

          第11条 ([サムスン電機代表サイト]の義務)

          • 1. [サムスン電機代表サイト]は法令や本約款が禁止したり公序良俗に反する行為をせず、本約款の定めにより継続的かつ安定的なサービスを提供することに最善を尽くさなければなりません。
          • 2. [サムスン電機代表サイト]は利用者が安全にサービスを利用することができるように、利用者の個人情報を保護するためのセキュリティシステムを備えなければなりません。
          • 3. [サムスン電機代表サイト]は利用者が望まない営利目的の広告性格の電子メールを送付しません。

          Back to top ▲

          第12条 (会員の電子メール及び暗証番号に対する義務)

          • 1. 第10条の場合を除いた電子メールや暗証番号に対する管理責任は会員にあります。
          • 2. 会員は自分の電子メール及び暗証番号を第3者が利用するようにしてはいけません。
          • 3. 会員が自分のID及び暗証番号を盗難されたり第3者が使っていることを認識した場合は、直ちに[サムスン電機代表サイト]に通知し、[サムスン電機代表サイト]の案内があった場合はそれに従わなければなりません。

          Back to top ▲

          第13条 (利用者の義務)

          利用者は以下の行為をしてはなりません。

          • 1. 申込または変更時、虚偽の内容の登録
          • 2. 他人の情報の盗用
          • 3. [サムスン電機代表サイト]に掲示された情報の変更
          • 4. [サムスン電機代表サイト]が定めた情報以外の情報(ソフトウェアなど)の送付または掲示
          • 5. [サムスン電機代表サイト]の他第3者の著作権など知的財産権の侵害
          • 6. [サムスン電機代表サイト]の他第3者の名誉を損傷させたり業務を妨害する行為
          • 7. ワイセツまたは暴力性のあるメッセージ、画像、音声の他公序良俗に反する情報を[サムスン電機代表サイト]に公開まはた掲示する行為

          Back to top ▲

          第14条 (連携ウェブサイトと被連携ウェブサイトとの関係)

          • 1. [サムスン電機代表サイト]と下位ウェブサイトがハイパーリンク(例:ハイパーリンクの対象にはSMS、絵及び動画などが含まれる)の方式などで連携された場合、前者を連携ウェブサイト、後者を被連携ウェブサイトと言います。
          • 2. [サムスン電機代表サイト]は被連携ウェブサイトが独自に提供するサービスまたは財貨などにより利用者と行う取引に対しては保証の責任を負いません。

          Back to top ▲

          第15条 (著作権の帰属及び利用の制限)

          • 1. [サムスン電機代表サイト]が作成した著作物に対する著作権の他知的財産権[サムスン電機代表サイト]が帰属されます。
          • 2. 利用者は[サムスン電機代表サイト]の利用により得た情報のうち[サムスン電機代表サイト]が知的財産権を持つ情報を[サムスン電機代表サイト]の事前承諾なしにコピー、発信、出版、放送などの方法により営利目的で利用したり第3者に利用させてはいけません。
          • 3. [サムスン電機代表サイト]は約定により利用者に帰属された著作権を使用する場合は当該利用者に通知します。

          Back to top ▲

          第16条 (紛争解決)

        • 1. [サムスン電機代表サイト]は利用者が提起する正当な意見や不満を反映し、その被害補償を処理するための被害補償処理機構を設置、運営します。
        • 2. [サムスン電機代表サイト]は利用者からの不満及び意見を優先的に処理します。ただし、速やかに処理しにくい場合は利用者にその事由と処理日程を直ちに通知します。
        • 3. [サムスン電機代表サイト]と利用者との間で発生した紛争において、利用者の被害救済申込があった場合は公正取引委員会まはた市道知事が依頼する紛争調整機関の調整に従うことができます。

        Back to top ▲

        第17条 (裁判権及び準拠法)

        [サムスン電機代表サイト]と利用者との間で発生した紛争には大韓民国法律を適用し、その紛争により訴訟が提起された場合は民事訴訟法上管轄を持つ大韓民国の裁判所に提起します。

        Back to top ▲