본문 바로가기
社会貢献

愛の実践と分かち合いによって築く希望の未来

ビジョン

代表的な活動

nbsp; 人工関節無料施術事業

人工関節手術診療

人工関節手術診療

サムスン電機は2005年から全国低所得層のリハビリや自立のお手伝いをするため、2005年に水原市およびイ・チュンテク病院とMOUを締結し、2008年には京畿道、2012年には忠清南道、2013年には江原道および江陵医療院と協約を結び、毎年約50人の方々に回復の喜びを味わっていただくなど、健康な暮らしをサポートしています。

人工関節無料施術支援お申し込みの案内
資格要件 基礎生活受給者のうち、医療保護1種(満75歳以下)
※ 次上位階層(準低所得層)は書類審査後に選別的支援
支援内容 保険適用外の本人負担金全額(検査費、手術費、入院費、食費など)
看病人支援(09:00~18:00、3日以内、18:00以降は保護者が看病)
申し込み/受付の問い合わせ 必要書類推薦書フォーム Download

① 福祉機関・官公署の推薦公文、 ② 推薦書、 ③ 受給者証明書
④ 医療給付証明書、 ⑤ 個人情報第三者提供同意書
※ 遠くに居住していたり指定病院に行くことができない場合、対象者住所地病院の診療所見書を提出しても可

お問い合わせ Mikyung Joung, Social Contribution Group, Samsung Electro-Mechanics (E-mail mk0429.jung@samsung.com)

hello! SEM(Special & Excellent & Musician)オーケストラ(障害児童・青少年オーケストラ)

サムスン電機は文化、芸術を通じた障害者の潜在力発掘及び夢の実現を支援するため、韓国で初めて障害児童・青少年だけで構成される専門オーケストラを創団・運営しています。 特別で才能豊かな音楽人を育てるhello! SEMオーケストラは2013年10月15日に創団され、オーケストラ団員はマンツーマンレッスン、アンサンブル、合奏の授業によって楽器の演奏法を習いながら才能を伸ばしています。この他にも「うれしいSEM音楽教室」受講生のフルートアンサンブルなどがあります。

  • 対象 : 小学3年生~高校3年生(発達・知的・視覚障害者など)
  • 楽器構成 : バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ハープ、フルート、クラリネット、トランペット
  • 連携団体 : 社団法人エイブルアート(障害者芸術専門NGO団体)、緑の傘子供財団

Hello! SEMオーケストラの紹介映像

サムスン社会貢献表彰式オープニング公演
(2016年)

第4回定期演奏会 (2017年)

芸術の殿堂 企画コンサート(2018年)

全国障害学生音楽コンクール

サムスン電機世宗事業所は、全国障害青少年の文化芸術増進のために、TJB大田放送と共に2008年から「全国障害学生音楽コンクール」を開催しています。毎年全国障害学生約350人が器楽、管弦楽、声楽など、様々な分野で隠れていた才能を存分に発揮しています。それによって障害を持つ青少年が自信を取り戻し、アイデンティティーを確立すると同時に、障害のある青少年も未来社会の大切な人材であるということを地域社会に広く知らせ、障害を理解して共に生きていく社会となれるように、きっかけを作っています。

第8回音楽コンクール (2015年)

第9回音楽コンクール (2016年)

第10回音楽コンクール (2017年)

スポーツ - サムスン電機杯全国障害者バドミントン大会

サムスン電機釜山事業所は、障害者のライフスポーツ活性化による社会的認識の転換に向け、2006年から釜山障害者バドミントン協会と協力して「全国障害者バドミントン大会」を開いています。 障害者バドミントン大会は全国17市・道から約300人の選手が参加する国内最大規模の障害者スポーツ行事で、国家代表をはじめサムスン電機のバドミントン選手も参加する中、模範試合とサイン会を開くなど、障害者に夢と希望をもたらす地域社会のイベントとして根づいています。

第11回全国障害者バドミントン大会 (2016年)

第12回全国障害者バドミントン大会 (2017年)

第13回全国障害者バドミントン大会 (2018年)

地域社会への貢献

奉仕-地域社会での社員奉仕活動

Ⅰ. 事業所近隣の地域社会

  • 地域の発展と地域住民の生活の質向上のために社会貢献活動を行っています。
  • 近隣地域の路地裏Cleanキャンペーンや花壇への花植えといった環境保護活動により、共に生きる世界を追求しています。

Ⅱ. 社員の奉仕活動

  • 1996年にサムスン電機社会奉仕団が発足して以来、全社員が奉仕活動に参加しています。
  • 低所得層や社会的弱者はもちろん地域住民の役にも立てるように、単なる労力の奉仕ではなく自分の能力を活かしたプロボノ活動を活発に行っています。

화단 꽃 심기花壇への花植え

지역사회 환경정화地域社会の環境美化

시설처 환경개선施設の環境改善

벽화 그리기 재능봉사壁画制作

教育

Ⅰ. 学習室支援事業

教育事業の一環として、小学生向けの地域児童センター以外に低所得家庭中学生向けの学習室も開設し、学習指導や情緒的なサポートの奉仕を継続的に行っています。

Ⅱ. 青少年支援事業

低所得児童生活支援 緑の傘子供財団と連携して低所得児童に毎月一定金額の生活支援
奨学事業 釜山/世宗地域欠損家庭児童を対象にメンタリング活動および奨学金支援

우리드림센터 학습지원 (수원)ウリドリームセンター学習支援 (水原)

우리드림센터 생일파티 (세종)ハンウリム勉強部屋5号店開館(世宗)

우리드림센터 만들기체험 (부산)ウリドリームセンター工作 (釜山)

多文化

2009年8月に国内企業としては初めて水原市多文化家族支援センターと協約を結び、多文化家族のための教育や文化行事などの社会的統合プログラムを支援しています。

1次('09~'10) 韓国文化理解のためのプログラム実施
(餅博物館、伝統礼節教室、韓屋村体験など)
2次('11~'12) 多文化家族和合プログラムと提携締結
(子供の日事業所開放行事、姉妹村のヤマメ祭り体験など)
3次('13~現在) 生活安定化支援
(資格取得と転職機会の提供など)
グローバル青少年ドリームセンター建設の後援
(オルタナティブスクール、メンタルカウンセリング、職業体験、韓国語教育など)

都市・農村共生

推進背景と目的

農村の自立基盤づくりに資するべく、農村と企業間の信頼をもとに2002年から江原道華川郡のトゴミ村と協約を結んだのを皮切りに17ヶ所の村と姉妹提携を結んでおり、様々な農村体験と奉仕活動を行っています。三星電機は、役職員の参入を促すために社会福祉協議会(NGO)及び事業場間の協議体(社会奉仕団専担要員)を運営して、ボランティアプログラムの開発及びボランティア参入の改善のための体系を構築しています。

主要活動

  • 社員の寄付金で姉妹村の優れたエコ農水産物を買い取り、福祉施設に寄贈
    (有機米や六片ニンニクなどの各種農産物)
  • 販路確保 社内食堂で農産物(米)使用、特産物収穫期には社内で直販 直取引市場運営、SEMマーケット(オンライン購入) 運営
  • 交流活動 地域祭りへの参加や社内招待による交流活動

하계농촌 봉사활동夏季農村奉仕活動

자매마을 농촌체험 (우렁이 방사)姉妹村での農村体験 (タニシの放流)

추석 직거래장터秋夕の直取引市場

벽화 봉사활동壁画ボランティア活動