본문 바로가기
お客様

顧客満足による価値創造、信頼と協力に根ざした共同成長 (経営による顧客満足の最大化)信頼によって積み重なった顧客満足は、共生協力によって築く健全な企業エコシステムと共に 未来の成長を牽引する堅固な基盤です。

コミュニケーション

オンラインマーケティング

オンラインマーケティング機能を強化したホームページによって製品情報へのアクセス性を強化し、オンラインコミュニティとオンライン展示会の運営によってお客様との継続的なコミュニケーションを図っています。また、毎月定期ニュースレターとイベントニュースレターを配信し、お客様と会員に会社の最新情報や製品情報を提供しています。

品質競争力

論理的・科学的にコミュニケーションをとる組織を作り、新製品と品質新技法について学ぶことにより集団的知性を高めて内部能力を強化します。ISO 9001の品質マネジメントシステムにより継続的な点検を行っており、観察、測定、自工程保証などの根本的な問題(Root Cause)を探って先回り的に品質事故を予防しています。あわせて、先導的なBS(Before Service)の取り組みとして、お客様中心の考え方によりグローバルな品質競争力を確保しています。 これによって2016年には顧客満足度で96.1点をいただき、最高等級維持のために事業部中心の顧客密着経営によって顧客満足を実現しています。

製品安全性

安全規格認証

国内外における製品の安全規格、電磁波規格、通信規格、待機電力関連の手続を明確にしています。これは開発納期短縮、品質競争力の強化と販売促進に貢献し、販売地域消費者の安全を保証する効率的かつ合理的な業務遂行を誘導します。

製造物責任制度

新しく開発する製品については、事業部内の製造物責任制度(Product Liability)担当者が製造物責任制度の対象(火災、傷害、汚染、爆発、中毒、感電など)かどうかを判断します。安全設計のためのPLP(Product Liability Prevention:製造物責任予防)チェックリストを活用して安全設計と試験分析、危険分析、包装、ラベルなどに問題がないようにしており、PLD(Product Liability Defense:製造物責任防御)の取り組みとしてCS組織とPL事故のある製品の予防・再発防止体制の構築、定期的なPL保険加入により損害賠償に備えています。また、新規製品は各国における社外公認試験所(UL、CSA、TÜV、Nemko、KTL、FCC、VCCI、NRCan、US Energy Starなど)の認証を取得しています。