go to the gnb menu go to the content

遵法経営

コンプライアンスプログラムは会社の役職員を保護するための核心的手段です。

コンプライアンスレポート

サムスン電機はコンプライアンス経営に違背する全ての不法行為に対する情報提供をお受け付けしております。

レポート対象
不当共同行為、不公正取引行為、不公正下請け取引行為等公正取引法に違反する事項
労働、人権、個人情報、営業秘密、安全·エコ等のその他不法行為
秘密補償
レポート内容の処理は非公開方式で行われ、匿名性が保障されます。
情報提供者(役職員含む。)に対するその他いかなる側面に於いても一切の不利益を与えないことを基本方針とします。
レポート方法
電子メール : compliance.semco@samsung.com
電話 : +82-31-8093-8897
住所 : 16674 京畿道水原市霊通区梅霊路150(梅灘洞)サムスン電機株式会社A1ビル4階コンプライアンスチーム

コンプライアンスプログラムの概要

サムスン電機のコンプライアンスプログラムは、各種違法的行為を根絶するための根本的且つ具体的な代案を設けるため関連法規を感知しリスクを発掘しております。また、役職員にコンプライアンス教育を実施すると同時に、業務遂行時に参考できるようなコンプライアンス項目別マニュアルを提供しております。

また、システムを通じた自己点検や現場モニタリングを実施し、コンプライアンスリスクを発掘、根本的な発生原因及び業務プロセスを分析、その対応策を設けており、持続的な事後管理を通じ法規違反によるリスクを事前に予防するため努力しております。

  • 政策
    • 基本原則
    • 運営基準
  • 管理体系
    • 組織体系
    • マニュアル
      制定・改正
    管理プロセス
  • 組織文化
    • 役職員遵法教育
    • 変化管理
    コミュニケーション

コンプライアンスプログラム

サムスン電機のコンプライアンスプログラムは大きく事前予防、モニタリング、事後管理プロセスで運営されます。

まず、事前予防のため役職員教育の実施、業務遂行時の法違反の是非を判断できるマニュアル及びガイドラインの提供、システムを通じた自己点検、違法の是非に対する事項やその他お問合せを処理する支援センターの運営、そして各種法規の制定・改正事項等を感知し、その内容を管理する活動を進めております。

モニタリングはリスク管理の項目別法違反の是非を点検できるよう、専門の担当組織が常時又は定期的に施行しています。イシュー発生時にはその過程及び結果分析を通じ問題の根本的原因を探し出し、改善活動を進め、役職員教育時に事例紹介及びPR活動等を通じ再発防止に努力しております。

また、コンプライアンス運営水準の評価及びイシューへの対応結果評価、それによる補償や制裁等を通じ事後管理を行い効果的にコンプライアンスプログラムが運営されるようにしております。

感知·事前予防
法律の制定·改正に対する感知
リスク予防のための
プロセス及びガイドの提供
評価·事後管理
コンプライアンス運営水準の
評価及び補償
再発防止対策の樹立及び制裁
モニタリン
職務別の専門部署を通じたコンサルティング及びモニタリング
モニタリング結果に対する改善対策の提示及び事後管理

サムスン電機のコンプライアンスプログラムの
エンブレム

サムスン電機のコンプライアンスプログラムのエンブレムは、役職員の遵法経営に対する実践意思を象徴するものです。
天秤の左側の皿にはサムスンの核心価値の中の最高志向を象徴するブルーを、右側の皿には正道経営を象徴するグリーンを適用し、グローバル超一流企業として成長するに於いて遵法経営を基盤に企業をバランス良く運営するという
サムスン電機の意思を表現しております。

また、盾模様のグリーンは社会の構成員と共生し尊敬される企業になるという意味で、サムスンの核心的価値の中の共生追求を象徴するオレンジで表現し、盾は外部の法的リスクから会社と役職員を安全に保護するというサムスン電機の遵法経営の誓いを意味します。

腐敗防止政策

サムスン電機はグローバル企業として世界のいかなる地域に於いても最高水準の法的・倫理的基準に従い事業を営んでおります。

サムスン電機の役職員は不適切な利益獲得のための賄賂提供行為を遮断し、きれいな組織文化造成をけん引、お客様と社会から信頼され愛される誇らしい企業になるため最善の努力を尽くしております。
サウスン電機の腐敗防止政策は次の主要な内容を盛り込んでおります。

  • 賄賂禁止

    国内外の公務員及び取引業者に対する
    不適切な賄賂提供禁止

  • 便宜基準

    業務上便宜の提供(贈賄物、食事、交通、
    宿泊等の饗応)に対する基準提示

  • 第3者代理人

    第3者代理人及び事業パートナーに対する
    ガイドライン遵守義務の明示

TOP