go to the gnb menu go to the content

環境

きれいな未来、生きて息する地球のためのグローバルグリーン経営をお約束致します。

安全環境エネルギー方針

先端電子・機械部品を顧客に提供する三星電機は、安全・保健・環境・エネルギーのグローバル基準の遵守と危険要因の全プロセス評価を通じて事故を事前に予防しており、環境保護、効率的なエネルギーの使用が持続可能な経営の主な要素であることを認識し、全社員がこれを実践することで安全で快適な事業場の構築と企業の社会的責任を果たしたい。

  • 安全・保健・環境・エネルギー経営システムの構築によるグローバルリーダーシップを確保し、持続可能な経営を推進する。
  • 目標達成に向けたリーダーシップと役職員の積極的な参加を保証し、方針を理解関係者に開示して透明性を確保する。
  • 環境にやさしい製品の生産とサービスの提供及び安全で健康な事業場の構築を通じて社会的責任を遵守する。
  • エコ技術の開発、導入及びクリーンエネルギーの使用とエネルギー削減を通じて気候変化に対応し環境保護に先駆ける。
  • Global Standard 遵守及びRiskベースの事故による不合理発掘、持続的な改善による安全保健、環境、エネルギー事故を予防する。

環境経営システム

グローバル安全環境経営システム

サムスン電機はグローバルスタンダードを遵守しこれを経営活動に反映するためISO 14001、ISO 45001を構築しました。これを通じ環境、安全保健、エネルギー分野に於いて持続的に改善活動を展開し、内部のサステナブル経営戦略と連携し企業の社会的責任を履行する戦略の一環として活用します。サムスン電機は2013年から事業場で起こる産業災害を根絶し、安全環境規制への対応を通じ、安全事故を予防するためエコエネルギー部門に体系的に投資しております。2020年まで環境施設プロセスに対する革新履行率を90%まで達成するため努力しております。

水資源

韓国は国連が指定した水不足国であります。韓国の事業場は水原、釜山、世宗事業場がございます。製造工程に必要な水資源の水質及び充分な供給量を確保できない場合、生産能力の低下、水処理と関連する運営コストの上昇等をもたらし、該当地域に於いての事業の連続性に深刻な問題を来す可能性があります。そこでサムスン電機は毎年事業活動の一環として水資源のリスク分析を実施、厳格な社内水質管理基準を適用しております。サムスン電機は水原地域の企業らと組合を構成、用水問題に対し協業の形で対応しております。

大気

サムスン電機は事業場内で発生する大気汚染物質を最適に管理するため大気汚染防止施設を設置・拡充し、モニタリングシステムを通じ施設の正常稼働状態をリアルタイムで監視することで、法基準30%以内に収まるよう排出濃度を管理します。
また、新規の製造工程を導入する場合は、安全エコ評価システムを通じ予想される汚染物資及び廃棄量、工程設備等を事前に検討し汚染物質を最優先に低減させる工法を適用します。

廃棄物

サムスン電機は商品生産の全てのプロセスに於いて、資源の効率性を向上するための使用量低減、商品の小型化、廃棄物再資源化等、資源の効率性を向上するための多角的な活動を遂行しています。廃棄物のリサイクル率目標80%以上維持という目標を達成するため各事業部の現場管理監督と3程5S、5段分離収去現場に対する密着管理を通じ役職員と疎通し、安全環境分野に於いてグループのスタンダードを適用することで、廃棄物業務プロセスを改善しております。

商品責任主義

商品環境政策

サムスン電機はEU RoHS(Restriction of Hazardous Substances、電気電子商品の有害物質使用制限指針)6大物質、REACH SVHC(Substance of Very High Concern、高リスク性懸念物質)、プタレート等の国内外の法規上の規制物質以外にもハロゲン、アンチモン、ベリルリウム等主要な化学物質に対しパートナー会社の原・副資材からサムスン電機の商品まで全ての資材を対象に自発的に管理しております。サムスン電機は、EU RoHSのプタレート4種(DEHP、BBP、DBP、DIBP)に対する規制が発効し、社内基準の変更とサムスン電機の商品の中の使用現況調査、全廃計画の樹立を通じ予め対応をする計画です。

環境有害物資の管理

サムスン電機は有害物質管理を始めとするお客様会社の商品情報要請に効率的に対応するため商品環境管理システムを運営しております。サムスン電機と取引する全ての原・副資材のパートナー会社ではグリーン購買システムを通じ有害物質の精密分析の成績書、物質安全保健資料(Material Safety Data Sheet)等を提出し、サムスン電機の基準に符合するということを証明しなければなりません。

気候変動

炭素経営

サムスン電機は事業戦略と連携し経営活動の全てのプロセスに炭素経営戦略を反映することで気候変動による不確実性を解消し、株主と投資家の価値を向上、お客様会社との信頼関係を強めております。関連し、商品生産プロセスに於いて発生する全ての温室効果ガス排出元をリストアップし排出量を算定、情報を公開し、WRI/WBCSDガイドラインを基盤に事業場内での直接・間接排出元管理のみならず企業価値チェーン全般の排出源(SCOPE 3)を把握し、排出量を算定することで温室効果ガス排出低減活動の推進体系を構築する計画です。

エネルギー経営

サムスン電機は毎年エネルギー使用量目標管理基準を前年度実績に合わせ全社レベルのエネルギー節減活動を持続的に繰り広げていきます。サムスン電機の多数の工程に於いて進められるエネルギー節減技術は、2008年からエネルギーコンサルティングを通じパートナー会社にPRし、安定且つ効率的なエネルギー経営体制を構築、サムスン電機とパートナー会社が同伴成長する契機となっております。また、サムスン電機は政府のエネルギー関連テスト事業等に先導的に参加し可視的成果を得られる活動を持続的に推進します。

エコカルチャー

エコカルチャープログラムの運営

サムスン電機は事業場地域内の政府省庁と共同で生態公園造成、生態系かく乱外来動植物退治、生物多様性の専門家養成プログラムの諮問等の活動を推進しております。特に世宗事業場の場合、「生態系優秀地域補填・管理」事業を体系的に進めております。サムスン電機は生物多様性を補填するための多様な活動を展開するため2013年9月「生物多様性補填及び持続可能な利用に関する共同宣言文」をエコ部と締結しました。

生物多様性共同宣言文6大原則

  1. 1. 生物多様性の価値を認識する。
  2. 2. 政府は生物多様性の補填政策を拡大し、企業は意思決定時に生物多様性の補填を考慮する。
  3. 3. 生物多様性の補填活動を実践するため共に努力する。
  4. 4. 産業界の持続可能な生物資源利用のため協力する。
  5. 5. 生物多様性の補填のため関連の国内外機関と交流し協力する。
  6. 6. 生物多様性に対する社会全般の認識を高めるため努力する。
TOP