go to the gnb menu go to the content

倫理経営

全ての経営活動に対し価値判断の基準を定め実践しております。

サイバー監査室

サムスン電機では不正腐敗防止のため、倫理経営監査ホームページ及び倫理経営常時モニタリングシステムを運営しております。

韓国語を始め英語、中国語、タイ語が支援されており、国内外の利害関係者がいつでもアクセスし役職員の不正や不公正な行為に対しレポートのできるようにしております。その他に電子メール、郵便、電話等を通じた常時レポートをも受け付けております。

レポートをして下さった方の身元については徹底した秘密保障の原則の下、レポート内容に対する事実関係を究明した後、関係部署に業務の是正措置及びレポートをして下さった方に対し処理結果をお知らせし、不正を起こした役職員に対しては厳重に処罰しております。また、倫理経営常時モニタリングシステムを運営し国内外の事業場に対する不正リスクを事前に分析し異常兆候を早期に感知することで事故の大型化及び拡散を防止し、脆弱なプロセスについては改善の措置を通じ不正発生要素を根絶させるため努力しております。

事故に対する措置

サムスン電機は事前の予防教育に万全を尽くすと同時に、不正腐敗事件に対しては徹底且つ厳格な基準を持って事後の措置を取っております。

不正腐敗と関係のある役職員に対する懲戒のみならず、役職員に現金及び金品等を提供したパートナー会社に対しても事案の軽重によって取引中断又は再発防止要求等の措置を取っております。

レポートプロセス

  • レポート受け付け

    サムスン電機
    ホームページ 電子メール
    · 郵便 · 電話

  • 受け付け事実の報告

    レポート受け付け事実を24時間以内に
    情報提供者に報告

  • 調査実施

    事実関係の究明 :
    必要時には情報提供者に中間報告

  • 調査結果の回答

    調査結果及び措置事項

ご利用案内

サムスン電機は絶対価値である「きれいな組織文化」を継承し、信頼される企業になるため倫理経営を実践しております。
役職員の不公正な業務処理や不正事実に対するレポートを受け付けており、全てのレポート内容の処理は非公開方式で行っているため匿名性を保障します。
貴方の貴重な一言が透明経営の礎となります。

レポートの類型

  • 取引業者から賄賂(金品込)及び饗応収受
  • 取引業者への特例、弊害及び持分投資行為
  • 取引業者及び役職員間の金銭取引
  • 会社の公金横領、窃盗及び私利の企て
  • 会社情報及び人材流出
  • 勤務紀綱関連事項(兼業副業、不法賭博等)
  • その他倫理経営に違背される行為及び業務不良の事例

レポート方法

レポート方法 table (E-MAIL, Fax, Phone, Adress)
電子メール audit.semco@samsung.com ファックス +82-31-210-5390
電話 +82-31-210-3306 住所 京畿道水原市霊通区梅霊路150 サムスン電機監査チーム
TOP